販売のお店は、いつもお客さんが来てくれるわけではありません。アルバイトさんが上手に接客して販売に貢献するには

アルバイト面接がうまくいく!履歴書作成のポイント

アルバイトに販売方法を教えて貢献して貰う

小売業のお店で、いつでもお客さんが来店して売り上げのいい日ばかりではありません、売れない日もあり、気分も、店内全体の沈んでいる感じがしてしまう日もあります。眼の前にお客様来ないとファイトがわかない人も多いと思います。お客様が来店しないということは、色んなことが考えられますが、そうした時こそお店側は自分のお店を見つめ直したり、スタッフの方にもお客様の目線でお店の事を考えてもっと来店して貰う方法などを一緒に考えて貰うことも必要だと思います。具体的にはお客様を呼ぶ為の対策、準備や販促の検討とお客様が来たときに十分な対応が出来るか、売り場づくりや清掃がちゃんと清潔にされているかなどアルバイトさんに十分な指示がされているかなどが大事です。

又、お客様がいない時間帯に新人スタッフにできていないことの練習の時間としてつかえます。売り場づくりや陳列の仕方や接客をどうしたらもっと上手くできるかなどのチェックをしたり、来店が少なく「今日は暇だな」という間違った余裕や不必要なおしゃべりもなくなるはずです。売り場の陳列の仕方や販促計画を練ったり売り上げが悪い時もスタッフがイキイキと動くようにお店側が指示できるかが重要です。又、お店側からいうと、アルバイトの方に商品知識を深めるためにスタッフに自社で買い物をすることを奨励するお店もあります。社員割引などをして優遇措置をして自分達が販売している商品を使って貰うことも必要ではないでしょうか。

新薬の開発のためのボランティアという位置づけのため、報酬は給料の形をとらないため税金の対象にはなりません。又副業禁止の会社であっても大丈夫です。他のバイトと比べて比較的高収入なのは決して危険手当なのではなく、長期間拘束してしまう事に対する対価であると考えていいようです。